トップ> コンテンツ : 自然素材

自然素材

eco羊毛断熱材 THERMOWOOL

100%リサイクル可能。環境配慮型エコ断熱材!

エコロジーに製造されたサーモウールは、地球にも人にもやさしい安全な断熱材。

製造時、接着剤などの化学物質を使用しません。

チクチクしないので施工は素手で簡単。

ずっと続く性能で、暮らしをエコロジーに支えます。

そして、回収したサーモウールは選別過程を経て再度原料化されます。

国土交通大臣特別評価方法認定(防露認定)を取得。認定番号662

住宅性能表示・温熱環境および住宅金融公庫基準において、一定の条件を満たす住宅・次世代省エネルギー基準等を建てる際、繊維系断熱材では必須とされていた防湿層・ペーパーバリアの設置ですが、サーモウールは前記の防湿層を設置しなくても結露を発生させることが無いとの、国交省大臣の特別認定を取得しました。

(詳しくはホームページをご覧ください)

ココがすごい!

ずっと空気清浄。

世界オンリーワン技術による「家全体を空気清浄する断熱材」

サーモウールは家全体を空気清浄することができる断熱材です。シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドなどの揮発性有機化合物(VOC)を強力に除去。さらにタバコやペット臭、調理後の臭いなど不快な生活臭を消臭します。

ずっと除湿・加湿。

湿度50%で結露を防止し、いつも快適。

サーモウールはパワフルに湿度をコントロール。サーモウールの強みは、吸湿だけでなく、放湿もするところに  あります。多湿な状況下では吸湿し、乾燥時には放湿。壁内と室内の湿度を一定の50%前後に保つように働く ので、結露を防ぎ、家にも人にも快適な空間を実現します。

結合水だからいつもサラサラ。

サーモウールは「水は弾き、分子の小さな水蒸気は吸収する」相反する性質をもちます。たとえば木が結合水として水分を保持している状態と同じです。サーモウールも吸い取った水分は結合水として分子状態で取り込むため、表面が濡れることなく吸放湿し、ずっとサラサラで良質な状態を保ちます。

ずっと吸音・調音。

オーディオ関連や産業用途で広く評価されている「ナチュラルな吸音」

サーモウールは自然でやさしい、優れた吸音性能を持つ断熱材です。今までの断熱材では困難だった木造住宅での外部からの騒音や、室外への音漏れ、上階と下階の音漏れを吸音し低減します。余計な騒音に悩まされることの無い、快適な住宅を実現します。

次世代省エネルギー基準等級4適合

長期優良住宅適合断熱材 住宅版エコポイント対象製品

詳しくは、株式会社コスモプロジェクト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無垢板

五感で知る心地よさと高性能!

木は心地よい。それは誰もが知っていることです。

それは単なるイメージや感覚にとどまらず、色や光の反射、香り、熱伝導率など、多目的に検証され、住宅の性能として科学的に実証されています。

さらに木の吸湿性や弾力性、吸音性も大事な性能です。

割れがある柱や梁を木造住宅に使って大丈夫ですか?

木造住宅に使われる木材は、狂いや腐れを防ぐため、乾燥しなければなりません。

しかし乾燥した木材には、割れが発生してしまいます。

静岡県林業技術センター では、乾燥した柱や梁の割れは、強度面で安全かどうかについて、強度試験を実施し、確認しました。

(静岡県林業技術センターでは、木材の安全性などに関する試験研究を実施しています。詳しくはホームページを参照してください。)

 結果:割れがある木材でも、柱や梁(構造材)として必要な強度があります。

    柱や梁に生じた割れの程度と強度には関係がありません。

    木造住宅の接合部の強度にも、割れの影響はありません。

割れがある柱や梁でも強度は大丈夫です!

そして、重さあたりの強度で測れば、

木はコンクリートや鉄よりも強いこと、また、木の軽さは、地震に有利であることもわかっています。

大事なことは、良材を用いてきちんと造ること、それが住まいづくりの基本です。

無垢フローリング・羽目板材

106-0692_img.jpg IM000000.jpg IM000006.jpg IM000001.jpg

桧無節フロリーング    桧丸節フローリング  唐松無節フローリング  杉節ありフローリング

104-0495_img.jpg dc020714.JPG

栗無垢集成UV塗装   桜無垢集成UV塗装

 

IM000003.jpg IM000005.jpg

米杉無垢板(節あり)  レッドパイン羽目板

注意点:無垢材なので、反り・曲がり・割れなどが生じる場合があります。」

土佐和紙壁紙

和紙はその独特の風合だけでなく、機能面においても優れた性質を持っています。そのほとんどはビニールクロスにはない植物繊維ならではの性質や、繊維の絡み方による表面の凸凹から生み出されるものです。


・調湿効果

紙は木材と同じで呼吸しています。湿度の高い時は湿気を吸収し、乾燥した時には蓄えていた湿気を放出しますので夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。

・調光効果

無作為に並んだ繊維が光を乱反射させるので照明の灯かりや日光もとても柔かく感じます。この効果が注目された和紙製のランプシェードも好評です。

・保温効果

新聞紙の例を挙げるまでもなく、本来紙が持つ性質として保温効果があります。しかも和紙の場合は洋紙より繊維の隙間が大きい為、保温効果も抜群です。

・吸音効果

光と同様、音も分散・乱反射しますので、耳触りがやわらかくなるだけでなく、部屋から洩れる音も軽減できます。


室内環境汚染が無い・・・有害物質ゼロ

「シックハウス症候群」と呼ばれ問題になっている発ガン性物質ホルムアルデヒドによる室内汚染。和紙は楮や三椏、雁皮といった自然の植物を原料としているので身体に害が無く、収穫までの年数も木材パルプに比べ短いので森林伐採などの自然破壊もありません。和紙は腐れば肥料になり、燃やしても有害物質の出ない、現代に求められている最高の建材なのです。


使うほどに味わい深く・・・風合い

ビニールクロスは貼った直後が一番美しく、時間が経つほどに汚れていくのに対し、和紙は時間が経つほどに風合いが良くなっていくのが魅力です。暮らしと共に変わっていく和紙独特の表情をお楽しみ下さい。 


土佐和紙の原料

昔からの代表的なものは楮(こうぞ)、三椏、(みつまた)雁皮(がんぴ)で最近はケナフも使用されています。

  dc032411.JPG dc122301.JPG  
 和室の壁、仏間の壁に使用 洋室の壁にもフィットします。

 

 

 

 

呼吸する天然塗り壁

快適で安心な天然塗り壁材(ノンホルム塗り壁材)のこだわり!

・お部屋の湿度をコントロールできる優れた調湿性能があり、結露防止にも役立つ塗り壁材です。

・天然素材で弱アルカリ性のため、カビの発生を抑えます。

・静電気が発生しないため、ほこりがつきにくくなります。

その結果、1年を通して室内を快適な環境に保つことが可能です。そのうえ、断熱・保温効果にも優れているため、冷暖房費も節約でき、省エネにも役立ちます。

  IM0000031.jpg   IM000004.jpg  
  105-0587_img.jpg 子供部屋の壁に使用  

 

オスモカラー

健康住宅の強い味方のオスモカラー
木に浸透し、木の呼吸を妨げず、木の持つ自然の風合いを保ち続けます。木の特質である調湿機能を損ないません。
オスモカラー:カビ防止、ダニ防止、化学汚染防止、結露防止
ISO14001の認定品
水にも強く無害なので、ペットや小さなお子様のいらっしゃる場所でも安心してお使い頂けます。
オスモウォールは、呼吸をし続け、室内の湿度を調節しますので快適な住まいを保ち続けます。
オスモフローリングは含水率10%という完全感想を実現した、素足にやさしい無垢材です。
▲BACK TO TOP