トップ> 業務内容 : 耐震

耐震

あなたの家族と財産を守りませんか!

大規模地震はいつ起こるかわかりません

まずは耐震診断によりお家の耐震性を知り、必要な耐震改修・補強をする事が大切です。

お家の現状をチェック!

まずは現状を確認し、お家にあった地震対策を考えましょう!

①昭和56年以前に建てられた住宅

②壁・基礎に亀裂が入っている住宅

③建築後、増築をしている住宅

④地盤の悪い所に建てられた住宅

⑤壁のバランスが悪い住宅

このような建物は注意が必要です。

防災対策といえば防災グッズと考えがちですが、地震発生時に一番大切なのは、生き残ることです。

まずは安全性を確認し、そのお家が倒壊しない為の対策をしましょう!

耐震相談・診断無料受付中

あなたの家族と財産を守りませんか?

大規模地震はいつ起こるかわかりません

 平成7年の阪神・淡路大震災では、8割以上の方が建物の倒壊による圧死や窒息死で亡くなっています。特に昭和56年以前の旧建築基準で建てられた木造住宅に大きな被害を受けました。

 最近では新潟県中越沖や岩手・宮城などで大きな地震が頻発しています。東海・東南海地震など大規模地震の予測がされている今、

まずは耐震診断によりお家の耐震性を知り、必要な耐震改修・補強をする事が大切です。!

住まいの耐震対策って、どんなのがあるの?

耐震

(土台・柱・梁・壁を補強し、建物全体の強度を高める)

主に木造住宅に採用されている「耐震」は、合板や金物で土台・柱・梁・壁をがっちりと固めて建物全体の強度を高める方法です。大地震に対しても倒壊しにくいというメリットがありますが、地震の揺れは直接建物へ伝わってしまうというデメリットもあります。

免震

(免震装置で地震の振動をシャットアウト)

ビルやマンションに多く採用されている「免震」は、基礎と建物の間に特殊な装置をつけることでエネルギーを吸収し、地震時の建物の揺れを大幅に抑える方法です。室内の家具などの転倒も防ぐため、命だけでなく地震以後の生活も守ります。ただ高コストな点と地盤の制約を受ける点が問題です。

制震

(振動エネルギーを特殊な装置が吸収する)

主に木造住宅に採用されている「制震」は、建物の骨組に取り付けた制震装置により、地震エネルギーを吸収し、建物内部の揺れを小さくする方法です。免震ほど建物内部の揺れを抑えることはできませんが、耐震よりも建物の負担を軽減でき、免震よりもコストを軽減できます。

耐震診断の流れ

国土交通省住宅局建築指導課監修

 「木造住宅の耐震診断と補強方法」に基づき、診断を行います。

                         耐震診断業者:(株)アイジーコンサルティング

室内調査

壁の量とバランス、壁材の確認。浴室タイル等の劣化状況チェック

屋外調査

外壁や基礎にクラック(ヒビ)は無いか?等のチェック

小屋裏調査

実際に小屋裏に入り目視で確認します。柱・接合部・筋交・劣化等のチェック

床下調査

実際に床下に入り目視で確認します。筋交・接合部・基礎内部等のチェック   

注意事項:平成12年6月以前の在来工法(軸組工法)平屋建て、2階建ての診断が対象です。

在来工法3階建て、2×4工法、鉄骨造の建物の診断は取り扱っておりません。  


 お家の現状をチェック!<まずは現状を確認し、お家にあった地震対策を考えましょう!>

このような建物は注意が必要です。  

①昭和56年以前に建てられた住宅

②壁・基礎に亀裂が入っている住宅

③建築後、増築をしている住宅

④地盤の悪い所に建てられた住宅

⑤壁のバランスが悪い住宅

防災対策といえば防災グッズと考えがちですが、地震発生時に一番大切なのは、生き残ることです。まずは安全性を確認し、そのお家が倒壊しない為の対策をしましょう!                                           

PowerGuard(パワーガード)

  dc041516.JPG dc040910.JPG

 地震の揺れに、          

ガッチリ耐えて、(耐震)

きっちり吸収。(制震)

 耐震の強さ、制震の柔軟さ。その2つのメリットを持つ、最新型の制震装置です。

特に地震のときは「制震システム」が強く働き、激しい振動を柳の枝のようにしなやかに受けとめ、建物内部の揺れを低減。建物の倒壊を防ぐだけでなく、家具が倒れる危険性も少なくさせます。

7つの特徴

1:制震工法で倒壊を防ぐ

2:震動の抑制で家具の転倒を防ぐ

3:メンテナンスフリーの安心

4:大げさな工事不要の簡単施工

5:建物の構造・デザインを気にせず設置

6:低コストで制震

7:安心の証明「耐震性能検討書」を交付

                               協賛:(株)アイジーコンサルティング

 

▲BACK TO TOP