トップ | コンテンツ自然素材 | 無垢板

無垢板

五感で知る心地よさと高性能!

木は心地よい。それは誰もが知っていることです。

それは単なるイメージや感覚にとどまらず、色や光の反射、香り、熱伝導率など、多目的に検証され、住宅の性能として科学的に実証されています。

さらに木の吸湿性や弾力性、吸音性も大事な性能です。

割れがある柱や梁を木造住宅に使って大丈夫ですか?

木造住宅に使われる木材は、狂いや腐れを防ぐため、乾燥しなければなりません。

しかし乾燥した木材には、割れが発生してしまいます。

静岡県林業技術センター では、乾燥した柱や梁の割れは、強度面で安全かどうかについて、強度試験を実施し、確認しました。

(静岡県林業技術センターでは、木材の安全性などに関する試験研究を実施しています。詳しくはホームページを参照してください。)

 結果:割れがある木材でも、柱や梁(構造材)として必要な強度があります。

    柱や梁に生じた割れの程度と強度には関係がありません。

    木造住宅の接合部の強度にも、割れの影響はありません。

割れがある柱や梁でも強度は大丈夫です!

そして、重さあたりの強度で測れば、

木はコンクリートや鉄よりも強いこと、また、木の軽さは、地震に有利であることもわかっています。

大事なことは、良材を用いてきちんと造ること、それが住まいづくりの基本です。

無垢フローリング・羽目板材

106-0692_img.jpg IM000000.jpg IM000006.jpg IM000001.jpg

桧無節フロリーング    桧丸節フローリング  唐松無節フローリング  杉節ありフローリング

104-0495_img.jpg dc020714.JPG

栗無垢集成UV塗装   桜無垢集成UV塗装

 

IM000003.jpg IM000005.jpg

米杉無垢板(節あり)  レッドパイン羽目板

注意点:無垢材なので、反り・曲がり・割れなどが生じる場合があります。」