トップ | コンテンツ自然素材 | 土佐和紙壁紙

土佐和紙壁紙

和紙はその独特の風合だけでなく、機能面においても優れた性質を持っています。そのほとんどはビニールクロスにはない植物繊維ならではの性質や、繊維の絡み方による表面の凸凹から生み出されるものです。


・調湿効果

紙は木材と同じで呼吸しています。湿度の高い時は湿気を吸収し、乾燥した時には蓄えていた湿気を放出しますので夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。

・調光効果

無作為に並んだ繊維が光を乱反射させるので照明の灯かりや日光もとても柔かく感じます。この効果が注目された和紙製のランプシェードも好評です。

・保温効果

新聞紙の例を挙げるまでもなく、本来紙が持つ性質として保温効果があります。しかも和紙の場合は洋紙より繊維の隙間が大きい為、保温効果も抜群です。

・吸音効果

光と同様、音も分散・乱反射しますので、耳触りがやわらかくなるだけでなく、部屋から洩れる音も軽減できます。


室内環境汚染が無い・・・有害物質ゼロ

「シックハウス症候群」と呼ばれ問題になっている発ガン性物質ホルムアルデヒドによる室内汚染。和紙は楮や三椏、雁皮といった自然の植物を原料としているので身体に害が無く、収穫までの年数も木材パルプに比べ短いので森林伐採などの自然破壊もありません。和紙は腐れば肥料になり、燃やしても有害物質の出ない、現代に求められている最高の建材なのです。


使うほどに味わい深く・・・風合い

ビニールクロスは貼った直後が一番美しく、時間が経つほどに汚れていくのに対し、和紙は時間が経つほどに風合いが良くなっていくのが魅力です。暮らしと共に変わっていく和紙独特の表情をお楽しみ下さい。 


土佐和紙の原料

昔からの代表的なものは楮(こうぞ)、三椏、(みつまた)雁皮(がんぴ)で最近はケナフも使用されています。

  dc032411.JPG dc122301.JPG  
 和室の壁、仏間の壁に使用 洋室の壁にもフィットします。