トップ | コンテンツめぐみの家 | 「めぐみの家」って、どんな家!

「めぐみの家」って、どんな家!

「住む人の健康を考えた家」が出来ました!

昔と違い、今の子供や現代人はアレルギーをもっている人が10人に3人とも言われています。

いろいろな原因があるかとおもいますが、アトピーや喘息で悩んでいる方々に、私たち建築の

プロにできることはアレルギーを少しでも癒す事のできる健康で安全な家をつくることだと考えました

「めぐみの家」は、大自然に育った木や、優しい塗り壁・和紙を用いて、健康で安全な空間を実現した家です。


 

 

 

 

 

 

 素材を厳選

含水率18%以下

含水率とは木材が含んでいる水の量の事です。木材は乾燥状態の方が強度が大きく、含水率20%以上になると強度は低下します。そこで人工乾燥という画期的な技術が生まれた訳です。しかし、こうした技術があるにもかかわらず、日本で流通している木材の多くは、生木(25%以上の含水率)である事が多く、強度のみならず家全体の歪み、狂いが生じやすくなるのです。当社で使用する木材は、水準より高い人工乾燥による含水率18%以下のものを厳選しています。 

シックハウス対策

使用される仕上材は、全てF☆☆☆☆の基準をクリアしたものを選んでいます。塗料は自然塗料を使用

新素材への取り組み

使用材料としてお勧めしているものは、過去に施工実績があるものを中心にセレクトしています。さらに、お客様のご要望により新しい素材等にも積極的に取り組んでいます。

          私たちは、自然のめぐみを大切にした家を造ります。